記事の詳細

遺品整理で故人宅にある物を処分する際に、間違っても捨ててはいけない物がありますので、きちんと確認する事が大切ですよ。

まずは、故人の意思を確認するためにも遺言書を探す必要があり、法的な効力があるため処分してはいけないのです。

故人の財産は相続人が相続する事になりますので、現金や通帳、貴金属や契約書、印鑑や身分証明書は間違って処分しないように気をつけましょう。

故人との思い出はあまりないという人もいるかもしれませんが、故人の思い出の品は必要に応じてデータにして残しておくのがオススメですよ。

近年ではスマホやパソコンを使用している人が多いですから、中に重要な資産やデータが入っている事が考えられますので処分せず中を確認した方が良いでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る